younger サッカー ユニフォーム

アルゼンチン サッカー ユニフォーム 1998年よりキリンビール株式会社営業開発部を経て、2008年よりマーケティング部の『一番搾り』ブランドマネージャーとなり、サッカー日本代表の「勝ちT」や「デザイン缶」などのキャンペーン企画リーダーも担当。 が独自で開発した機能を採用し、当時のユニフォームの中では最軽量のユニフォームでした。特に「1998年フランス大会」では流行が如実に現れており、我らが日本代表をはじめ、出場32ヶ国中24ヶ国が襟付きユニフォームを採用していたのだ。

レスター ユニフォーム詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

Similar Posts