Tag: 日本 代表 ユニフォーム サッカー 2018

  • 公式ユニフォーム 日本 1964orinnpikku

    蛍光レッドで背中に毛筆タッチで描かれた一本線は、試合前に円陣を組んだ際にひとつの大きな輪となるようにデザインされている。 また、中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。 また、左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した1992年の国際大会で着用したサッカー日本代表ユニフォームのデザインを再現。 また、他にも素晴らしい話もありましたね。 ASIAN ELEVENチームには、11か国から2名ずつの選手が各国のサッカー協会から日本に派遣されましたが、ベトナムとシンガポールは残念ながら怪我のため直前に選手が1名ずつ来日することとなりました。自国開催、2002FIFAワールドカップ日韓大会で着用されたユニフォームです。現地の気候を考慮し、吸汗速乾性に優れた素材「TECHNO SPARK(テクノスパーク)」を使用しています。高いコントラストにより新たな勝負服を表現。 1930年の第1回ワールドカップ開催にあたり、開催地が南米であることから欧州勢は相次いで不参加を表明した。日本の伝統色である深く濃い藍色「勝色」をまとった新ホームユニフォームに対し、新アウェイユニフォームは濃い藍色に染める前のまっさらな白い生地からインスピレーションを受けている。 ※日本政府/東京都より営業時間に関する制限・指針についての発表があった場合は、展示期間の短縮や開館時間を変更する場合があります。 ※展示内容は予告なく変更になる場合がございます。 2000年の第12回レバノン大会は直前のシドニー五輪を戦った中村俊輔・高原直泰ら「黄金世代」といわれたシドニー五輪代表と、名波浩や川口能活らフランスワールドカップ以来のメンバーが融合したチームをフィリップ・トルシエ監督が率い、圧倒的なパフォーマンスで大会を席巻。 男子日本代表が3月23日(金)の国際親善試合、女子日本代用がAFC女子アジアカップ ヨルダン 2018より着用する予定だ。 それにしても、ロゴやマスコットは選定の時点から報道で盛り上がるのに、ユニフォームだけは、なぜ勝手に決められちゃうんでしょうね。全てのはじまりは小学校3年生の時に、サッカー部のコーチにサントスFCのユニフォームを頂いた事がキッカケでした。 1930年の極東選手権の際に着ていた東京帝国大学のライトブルーのシャツが始まりのきっかけと考えられています。