Tag: サッカー 赤 ユニフォーム 日本

  • 日本 ユニフォーム センター

    日本は、1938年のフランス大会予選にエントリーした。選手たちの運動パフォーマンスを最大限に引き出せるよう、着用テストや意見収集に基づき、バレーボールの動きや選手の体型を考慮したシルエットを採用しています。 Vリーグトップ選手の着用テストや意見収集、実際の動きをコンピューター上で 解析したデータを元に開発しました。 が独自で開発した機能を採用し、当時のユニフォームの中では最軽量のユニフォームでした。人間工学的視点から開発された動的機能を裁断したD.F.カットを採用しています。相澤:メンズブランドでいくと、日本人デザイナーのブランドは10ブランドくらい出ていますね。巨人入りする前の中央大学阿部慎之介も代表メンバーに。 襟部分に強調されるカラーを配置し、胸元をぐっと引き締めています。 コンセプトの「結束の一本線」のモチーフ、ジャパンDブルーと名付けられた深い青と肩部の青の切替え、共に賛否両論を呼ぶ。斬新で思い切ったデザインに賛否両論ありますが、今回は日本代表歴代のユニフォームをご紹介していきます!  また、経済効果を期待し、2年に1度のペースでユニフォームデザインを一新させてきた日本サッカー協会の方針に対しても「コロコロと変えずに伝統を守って」といったクレームが散見されている。 2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会で着用。 また、吸汗速乾性にすぐれた素材を使用し、汗によるべたつきを抑えて選手がプレーに集中できるようにしています。 現地の気候を考慮し、吸汗速乾性に優れた素材「TECHNO SPARK(テクノスパーク)」を使用しています。 また、世界大会の決勝ラウンドの舞台となる東京の高温多湿な気候を考えた生地を採用しています。 3カラーとして、黒・白・赤を採用しました。背番号などには金メダルをイメージしてゴールドが配置され、デザイン線には、日の丸をイメージする半円形を採用しています。 また、シャツ素材には新素材「テクノスパークLS」を採用することで、 従来のユニフォームに比べ約10グラムの軽量化を実現しています。 その他の興味深い詳細サッカー ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。