2018 アジア大会 日本 韓国 ユニフォーム 似ている


前売り券は4日で売り切れ、国立競技場はほぼ満員(有料入場者数5万3516人)となった。高校を卒業しJリーグクラブに加入したばかりの若手選手を中心に編成されるのが一般的だが、大学生やU-17世代が加わることもある。 そんな観戦初心者にピッタリなのが、コンフィットTシャツと呼ばれる応援用Tシャツです。 まだ日本代表のユニフォームを着たことがない方も、ユニフォームを着ていつも応援してくださっている方にも、着やすいデザインだと思いました。

一般的に「サッカー日本代表」と呼称する場合は、「男子Aナショナルチーム」(年齢制限のないベストメンバーによる代表)を指すことが多い。例えば、ワールドカップアジア予選に若手を出場させ底上げを図り、主力のA代表(年齢制限のないその国最強の代表)を“本番”の五輪に参加させるといったことも、しばしばあった。以上を出場実績に関係なく該当試合及び大会に選出された日本代表選手全員に一律に支給する。日本代表選手の給料の支給方法についてはJFA技術委員会で決めているが、その時の日本代表監督の意向が反映される。

2004年のアジアカップ中国大会で日本代表が優勝した際には、当時主将のCB宮本恒靖が「ベンチの選手にもボーナスを」と訴え、ベンチ入りしたものの出場機会はなかった選手も含め全員に一律で優勝ボーナス300万円が支払われた(2004年までは出場実績に基づき勝利給の支給額を変動)。

この大会の1次予選を1位で通過すると、日本は2次予選で香港を破り、最終予選となる韓国戦へと駒を進めた。 1930年に日本で開催された第9回極東選手権には単独チームではなく東京帝国大学ア式蹴球部主体ではあったが、初めて全日本選抜が編成された。日本代表にとって最初の国際試合は、1917年に日本で開催された第3回極東選手権の初戦となった5月9日の中華民国戦だった。日本代表選手が所属するクラブに対してJFAは選手1人につき、1日1万5千円の「クラブペイメント」を支払っていた。

また、テレビ放送やサッカー雑誌によってワールドカップの紹介がなされるようにはなったものの、選手もファンも、ワールドカップはあくまでもテレビで観戦するものであり、違う世界の出来事という認識を持っていた。 また、1972年5月、ペレが所属するブラジルのサントスFCが来日し、日本代表と対戦した。 サッカー日本代表ファンのための、ジュニア用ユニフォーム。現在は基本色として青、サブカラーに白を使用している。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。