サッカーのユニフォーム日本代表

1984年日医大卒直後より救急医学分野に携わる。白い襟へとつながる逆台形型の赤い部分だ。 よく見ないとわからないが、白い部分と赤い部分が二層構造になって赤台形部分を白い生地で囲うようにできている。今までファン・サポーターや地域の皆さんと共に築き上げてきた歴史を誇りに、J1の舞台で新たな気持ちで立ち向かっていく姿をイメージしました。 また、アトランタ五輪で当時最強を誇ったブラジル代表を撃破した「マイアミの奇跡」の時に纏っていたのもこのユニフォームだった。冒頭でも述べたが、日本代表がフランスW杯出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」の時に着用していたモデルである。

こちらの襟裏には2018FIFAワールドカップ ロシアに導く先導者の象徴として、“未来”を表現した飛翔する三本足の烏をプリントしている。 また、襟裏には2018FIFAワールドカップ ロシアに導く先導者の象徴として、三本足の烏の羽をプリントしている。中田英寿が放ったシュートのこぼれ玉を野人・岡野雅行がスライディングで流し込んだいわゆる「ジョホールバルの歓喜」の映像で再三目にしたモデルといえばわかりやすいだろうか。

佐藤 多数のご遺体を目の当たりにすることもある救援活動で,医療者が受けるストレスは想像以上に大きなものがあります。 5色の青を使ったユニフォームとのことですが、青というより、全体的に水色が多い感じに見え空というより、波飛沫のイメージがしました。 マイナーチェンジしたワールカップ本戦版でも炎が入っていたため「世界に出るのに恥ずかしい」という意見も当時あったが、個人的にはそれほど嫌いではなかった。

伝統の白を用いたボディーの前面に、ダイヤモンドの輝きから発想を得た、個性的な青の総柄グラフィックを配したデザイン。 テーマが青の“調和”とされたホームモデルはアディダスが手掛けてきたサッカー日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。

日本サッカーが世界への階段を駆け抜けた時代に着用していたモデルであり、その飛躍も相まってすごく印象に残っている。同大会ではウズベキスタン戦でハットトリックなど大活躍、ベストイレブンに選ばれる。 ネイビー(藍色)、白、赤の三色。赤のラインはフットサル日本代表が黄色、なでしこジャパンがピンク色となる。日本代表のユニフォームは、日本の国土を象徴している海と空を表す青色が採用されています。

サッカー ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Similar Posts